出演バンド紹介⑧ klöcka

 


CrazyClef 2018年度Winter Live”Only Once” 出演バンド紹介8バンド目は….

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

klöcka!!!


member

Top chorus:

ここちゃん

2nd chorus:

りの

3rd chorus:

ぽく

4th chorus:

かのりお


ダイヤモンドダストのイラスト(背景素材)

 

 

klöckaのöって顔みたいでかわいいですよね。

 

( ö )

 

かわいい。

何言わせたらおもしろいかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ö ) < Hey what’up, men?

 

 

 

まさかの米国育ち~~

 

 

 

……いやおもんな、じゃなくて、今回のバンドはスウェーデン語を歌うんですよ!!

 

 

バンドレポート

結成2018年4月の3ー4年目のバンド

・スウェーデンのプロアカペラグループKrajaのコピーバンド

物語に沿ってスウェーデン語・英語の歌詞を伝える「眠くならないKraja」

・コンセプト「音楽で描く情景豊かな『時』」

物語に沿って進む曲紹介・ステージが特徴!

 

 

なんと、このバンドでは、物語形式でライブが進んでいきます

 

物語とともに北欧の美しい曲を歌いあげていくことで、冬の、寒くかつ暖かな情景を聴き手に想像させます。

 


klöckaに質問してみた。

 

バンドの結成が今年(2018年)の4月ということで、klöckaについて知らない点が多いのではないでしょうか。そこでcrazyclef3年目の三澤にインタビューをしてもらいました。

暖炉のイラスト「雪の降る夜」

Q.1 バンド名の由来は?

 

klöcka

結成直後に決まりました。

「綺麗なスウェーデン語の単語」をみんなで調べて「klocka(時)」に。

スウェーデン語といえばウムラウト(¨) でしょ。と「o」ではなく「ö」なのがポイントです。←ほんとはないのに勝手に付けた笑

(ちなみに、iPhoneでは英語キーボードで「o」を長押しすると「ö」が出てきます!)

 

 

三澤)

ちょっとなに勝手にウムラウトつけてるんですか(笑)

ウムラウトはもともと後ろにeがついていることを示しているらしく、(ö→oe)発音がちょっと変わるみたいですね。

klöckaもそれを踏まえるとクッカという発音になるんでしょうかね…?

 

 

Q.2 物語形式で歌を伝える際に気をつけたことは?

 

klöcka)

Krajaの楽曲はスウェーデン語なので曲名を聞いても、歌詞を聴いてもお客さんに伝わりにくいので、
ステージではあえて曲名や曲紹介を言わず、すべて物語を読むように歌詞を伝えています。

 

直接歌詞の和訳を読むのではなく、それぞれが和訳してきた内容をもちより、前後の情景を思い浮かべながら物語を創っていきます。

お客さんに情景を思い浮かべてもらいやすいような、含みのある表現を使うなど工夫しています。

 

三澤)

まずメンバーそれぞれが曲の和訳を探してきて、まとめて、それを曲の前に物語形式で伝える、ということですね。

 

素敵…………

 

 

 

 

Q.3ライブで歌う際の曲の中で1番気に入ってる曲はなんですか?

 

鹿野)

一番思い入れがあるのはバンドを組んでから最初に歌った、

Si God Afton Och God Kväll(こんばんはとおやすみなさい)

です。

 

個人的にも私がりのちゃんと昔組んでいたバンドでも歌っていた曲なので、このバンドでまた歌えてとても嬉しかったです。

原曲はスウェーデン民謡ということでその楽しく軽やかなリズムも心地いいですが、

友達への歌のはずなのに

 

「あなた以外の誰かといるなんて海や岸が乾いて砂になるくらいありえない(それほどに私は永遠にあなたと共にいたい)」

 

みたいな歌詞もあり意外と愛情重すぎて怖いところもあります。

 

三澤)

え、海とか岸が乾いて砂になることなんかあるんですか????

 

 

 

 

Q.3 衣装のこだわりを教えてください

 

klöcka)

一見お揃いにも見えますが、4人ともそれぞれ袖の形が少しずつ違うブルーグレーのロングドレスを選んでいます。(ブライズメイドドレスという結婚式で新婦の友人などが着るドレスです)

 

北欧の冬の空をイメージしたドレスの色も、3ー4年バンドの大人っぽさをドレスで演出しました。

ドレスの丈感や素材なんかも4人で話し合って選び抜いたお気に入りです♪

 

三澤)

いや~本当にキレイなドレスですよね!!

私もこういうの着てみたかったので、先日買いました!(大嘘)

 

 

 

Q.4 冬ライブの意気込み

 

klöcka)

バンドのコンセプトである「音楽で描く情景豊かな『時』」をテーマに、Krajaの音楽と冬の物語をお届けします。
本をめくると広がる北欧の景色をお楽しみください♪

 

三澤)

斬新かつ美しく響くklöckaの演奏はOnly Onceをより特別なものにしてくれると確信しています。

 

 

 

 

次回もお楽しみに!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です